いびきの原因は肥満も考えられます。

いびきが起こる原因として色々な場合がありますが、基本的に気道が狭くなって起こっています。

よく肥満の人は症状が出やすいといいますが、肥満で首に脂肪が付くことにより気道が狭くなりやすく結果いびきをかくこととなります。

特に二十顎の方は要注意です。

肥満は健康上あまりよくはないので、再度生活習慣を見直してみてはいかがでしょうか。

他にも鼻が悪いのも原因としてよく上げられますが、鼻づまりの状態だと寝ている間に鼻呼吸ではなく、口呼吸になってしまいます。

人は鼻呼吸よりも口呼吸の方が気道を狭くしやすくなりいびきをかくことになります。

鼻の通りをよくするだけで、いびきがなくなります。これぐらい症状でしたら、薬局で鼻の頭にテープを貼るもので鼻の通りがよくなるものが売られています。

一度お試しになってみてはいかがでしょうか。

 

 

いびきによって無呼吸になる可能性もある

その他にも扁桃腺が大きい方も気道をふさいでしまいいびきの原因となります。

扁桃腺が大きいと、ウィルスを受けやすくなるせいか風邪をひきやすくもなるそうです。

けれども、扁桃腺の成長は大人になるにつれて小さくなってきます。

手術をうけて扁桃腺を小さくすることも可能です。

病気として心配されるのが、無呼吸状態です。

いびきが急に止まり、呼吸も止まる症状です。

呼吸が止まるということは、脳に酸素がいかなくなり危険な状態です。

止まっている時間が長くなるほど命にかかわるので、その場合はお医者様にご相談ください。

寝ている様で、しっかりと睡眠がとれていないので日中も眠たくて仕方なく集中力に欠けるので車の運転などとても危険です。

http://wildroguealliance.org/が参考になりました。