にきびの痕の治療はレーザーが効果的

にきびがしょっちゅうできたり、にきび痕ができることが、肌の悩みとして大きいという人は少なくありません。

にきび痕が残るのは、にきびの症状が悪化した場合や、にきびにばい菌がついて、皮膚トラブルがひどくなってしまうなどの場合です。

にきびの症状を悪化させてしまうと、皮膚の角質層だけでなく、真皮層までにきびのダメージを受けてしまいます。

にきびがひどくなると、一見元通りに回復したように見えても、クレーターのような表面のでこぼこができてしまうことがあります。

にきびは何もしなくても自然と治ってしまう場合もありますが、症状が悪化しないように、できるだけ刺激を与えないようにしなければいけません。

一旦、にきびの痕ができてしまうと、肌を元の状態に戻すのは非常に困難で長い時間がかかります。

にきび痕

にきびの痕はクリニックのレーザーで効果的に消せる

ビタミンC誘導対などの美容成分を配合した化粧水を毎日のスキンケアに使うことで、皮膚の回復を促進するというやり方も、一朝一夕にはいきません。

基礎化粧水を使ってのスキンケアでにきび痕が解消されにくいという時は、皮膚科で見てもらって、対応策を検討する必要があります。

皮膚科の診察では、にきびがどのようになっているかや、肌のコンディションを確認しながら、最も負担の少ない治療方法を選択することができるでしょう。

お肌にちょっとだけ穴をあけ、にきびの内容物を全て取り出したり、新しい皮膚細胞ができるようにお肌に刺激を加えるなどして、にきびからの回復を促すことが可能になります。

クレーターの角に対してレーザーを照射して、角を削るようにして表面を滑らかにしていく炭酸ガスレーザーによるにきび痕の治療方法もあります。

にきびの痕は、自宅のケアだけで消すことは難しいので、根気よくクリニックに通い続けることも1つの方法です。
http://www.elcajon100.com/が参考になりました。