あそこの黒ずみや臭いの原因

陰部(あそこ)はデリケートゾーンであり、他の場所と比べて弱い場所です。

このため変化が見られやすい場所であそこで黒ずみや臭いが発生しやすい場所としても知られます。

あそこの黒ずみの原因としては、下着やナプキンなどの摩擦などの刺激がありますが、多くは顔にシミが出来るのと同じで華麗やホルモンバランスの変化によってメラニンが沈着してしまう場合があります。

いずれにしても黒ずみが発生するのはその部位が皮膚組織を守るためにメラニン色素を発生させていることになります。

このため下着を刺激性のないものに変えたり、清潔にすることで改善することが出来ます。

生活の一工夫で改善が可能

一方で、臭いは汗や老廃物によって発生します。

特にすそわきがと呼ばれるように、あそこは汗を分泌しやすい場所ですので蒸れやすく、またパンツなどを着用している場合には湿気がこもりやすく臭いが発生しやすくなります。

この場合にも清潔にすることや制汗剤などを使うことで改善することができます。

すそわきがや刺激性による黒ずみの場合には日頃の生活の中の一工夫で改善が可能ですが、性病の場合には異なります。

性病として考えられるのがクラミジアや淋病、カンジダ症などがあります。

クラミジアや淋病はおりものが増加しおりものから強い臭いがしますし、カンジダ症も同様です。

特に清潔にしても臭いが一向に改善しない場合には性病の可能性があるので性病科や泌尿器科、婦人科などで検査をしてもらう方が良いでしょう。

あそこの臭い・黒ずみを本気で対策する!が参考になりました。